ギャンブル依存症患者が綴るノンフィクション。

自戒の念を込めつつ、15年間に渡る「ギャンブル依存症」の悲惨な経験を赤裸々に綴ります。こんなダメ人間にはならないで下さい。毎日更新しています。

間一髪、窮地を脱する。

f:id:molitarou:20160323004946j:plain

 

間一髪、窮地を脱する。

食事を終えた母親は、皿を片付け、水洗いをしようとしていましたが、私はすかさず「あ、いいよ、やるよやるよ」と遮りました。


はやくいけ、はやく洗濯物を取りにいけ…


「じゃあ洗濯物取り込んでくるわね」


私は階段下に張りつき、母親が3階まで上がりきったことを確認しました。
洗濯物を取り込み、たたみ終わるまでだいたい10分ほどの猶予……

 


電話線をコネクタから完全に外すとだらんと垂れさがり、あからさまにわかってしまうので、電話機のそばにあったメモ帳を一枚破り、コネクタを包めるサイズに加工しました。電気を遮断すればいい。そう考え、二重に紙を被せたあと、慎重に戻し、簡単に抜けないかどうかを確認しました。


「はは……ハハハ、ざまあみろ!完璧だ!」


とても自然にでき、とっさの考えにしては上出来で、私は勝利を確信しました。


残りの時間で皿を雑に洗い、食洗機に放りました。


「今日は鹿島は勝ったかねぇ」

気持ちに余裕がでてきて、母親のご機嫌を得るためのトークに花を咲かせます。


「誰からも電話がかかってこない。」

ただそれだけのことが、これほど幸せを得られるものなんて。


**

翌日、午前中にバイト先から日銭を貰い、速攻で振り込みました。

「すいません、なんかちょっとやっぱり口座が違ってたらしくて、確認できましたか?」

カード会社には余裕をかましてこちらから連絡をしました。


これで借入可能金額はまたリセット。無借金。クリーン。 しばしの心の安泰。


家に戻り、リビングのソファに寝そべりニュースをつけると、昨日の空き巣事件が映っていました。


「O県I市で連続して起きた空き巣事件ですが、犯人とみられる男が、逮捕されました」


女性アナウンサーは、昨日と同じように一言ひとことを慎重に読み上げていました。


「昨夜、他県のATMで、盗んだカードから現金をおろした姿が防犯カメラに映り、その映像が犯人逮捕の決め手になったということです」

広告を非表示にする