ギャンブル依存症患者が綴るノンフィクション。

自戒の念を込めつつ、15年間に渡る「ギャンブル依存症」の悲惨な経験を赤裸々に綴ります。こんなダメ人間にはならないで下さい。毎日更新しています。

ギャンブル依存症のはじまり01

当ブログを開いていただき、ありがとうございます。

 


せっかく開いていただいたのに、あまり明るい話題でなくてすいません。
当ブログには、どんな検索ワードからたどり着きましたか?

もし、ギャンブル依存症に苦しんでいる方、苦しむ兆候が見え始めている方、家族や友人にその傾向がある方、もしくは単純にこの病気に興味がある方がいらっしゃれば、是非当ブログを読んで欲しいと思ってます。

 

私は大学1年生から約15年間、あらゆるギャンブルにハマり、その間に、恐ろしいほど多くのものを失いました。
このブログは、
私がパチンコパチスロと出会ったきっかけ、
依存してから私の考えや行動がどのように変わったのか、
どんなきっかけで借金や嘘を重ねるようになったのか、
それらをすべてさらけ出すとともに、そのルーツについても徹底的に掘り下げていきたいと考えてます。

人間はどこまで醜くなるのか。末期症状になるとどんな行動をしてしまうようになるのか…
まずは、私の状態からお伝えします。


ギャンブル依存症チェックシート】
http://www.freedom.ne.jp/daishi/gamble/check.htmより)


「YesかNoかで答えてください」とのことです。
Yesの個数で、被験者のギャンブル依存症の程度がわかるとのことで、私がどれだけ重度のパチンコパチスロ依存性なのかを測ってみようと思います。


みなさんもやってみてください。
01. ギャンブルのために仕事(授業)を抜け出したり、休んだりした事がある。
02. あなたのギャンブルによって家庭生活が不幸になっている。
03. あなたがギャンブルをする事によって周りから白い目で見られる事がある。
04. ギャンブルの後、強い自責の念に駆られる事がある。
05. 借金やお金の問題をギャンブルで何とかしようと思った事がある。
06. ギャンブルはあなたの向上心や能率を下落させていると思う。
07. 負けて帰ってきた後、できるだけ早くギャンブルをしに戻って取り返さなければと感じる。
08. 勝って帰ってきた後、早くもう一度行ってもっと勝ちたいという強い欲求を感じる事がある
09. 財布が空になるまでやってしまう事がよくある。
10. ギャンブルのためにお金を借りた事がある。
11. ギャンブルのために大切なものを売ってしまった事がある。
12. 「ギャンブル用の資金」として取っておいたお金は、他の生活のために使うのは絶対いやだ。
13. ギャンブルによって家族との約束を破ったり、「家族の事はどうでもいい!」と思った事がある。
14. はじめ予定していたよりもはるかに長くギャンブルをしてしまう事がよくある。
15. 心配事や問題を避けるためにギャンブルをしに行った事がある。
16. ギャンブルの借金のせいで違法行為をしてしまった、またはしようと計画した事がある。
17. ギャンブルのせいでよく眠れない事がある。
18. 心の葛藤、失望、ストレスなどを感じたとき、無性にギャンブルをしたくなる。
19. よい事があってツキが上向いてきたとき、さっそくギャンブルしに行こうと思う事がよくある。
20. ギャンブルの後で、自殺しようかと考えた事がある。


…いかがですか?
Yesが7つ以上あると、病的なギャンブル依存症なんだそうです。


私は19個あてはまりました。

…といっても、03.については、私はギャンブルをしてることを誰一人明かしてないので、実質、『すべて』に該当する、ということになります。
(身内に隠すのって加点要素にすらなりそうな気がしますね…)

 


…重度。もう、末期の末期。
自称、『日本でトップ10を張れるくらいの重度のギャンブル依存症』と思ってます。

私の人生はギャンブルにより歪み、人間として大切な感情を失い、嘘ばっかりつき、友達や彼女をなくし、借金をし、これまで手にしてきた収入のほとんどをギャンブルにつぎ込んできました。

 


しかし、私は私以外の人からは『真面目』で『誠実』、『借金やギャンブルとはまったく無縁なクリーンな男』と思われてます。

 

※以下に続く…

 

ギャンブル依存症 (角川新書)

-------------------------------------------------------------------------------

 

 次の記事はこちら。

gambling-addiction.hatenablog.com

 

 

広告を非表示にする